VIVALO – Handbuilt Bicycle in Kobe Japan -

38年の歴史とこれから先に見ていること

2014年にFacebookで書かせて頂いた記事ですが、今一度この場をお借りして
投稿させて頂きます。(少し編集しています)

VIVALOの代表として、思うことを書かせて頂きました。
まとまりの無い文章で読みづらいと思いますが、少しお付き合い頂けましたら
幸いです。

VIVALOの強みはなんですか?という質問を頂く事があります。
納期?オーダーの自由度?価格?カラーバリエーション?
いずれもオーダーを検討されているお客様にとって非常に重要な部分だと思います。

納期、、、もちろんVIVALOが38年間培って来たノウハウとシステムで可能な限り
早く正確に納品させて頂きます。

オーダーの自由度、、、こちらも可能な限りお客様のご希望に添えるよう、でも
間違った方向に向かわないようお客様と意見をすり合わせながらお客様だけの1台を
製作させて頂きます。

価格、、、こちらも部材価格の高騰や様々な事はございますが、小さな会社でやって
いるブランドですので、色々な方々のご協力のもと、標準価格120000円を出来
るだけ守っていきたいと思っています。

カラーバリエーション、、、こちらは自社工場にて溶接から塗装まで全ての行程を
行えるため、カラーバリエーションは無限大です。ご希望のカラーが無い場合は製作
させて頂きます。

これらは全てとりあけ分かりやすい特徴だと思います。

しかし、VIVALOの本当の強みはもっともっと分かりにくというより、実際に乗って
頂かないと分からないところにあると思っています。

その強みは、「真っすぐ走る」ということです。
乗り手によってまっすぐ走らせられるのではありません。
命を預けたフレームが真っすぐ走るということです。

近年様々な自転車のオーダーフレームブランドが立ち上がっています。
凝った装飾や加工、前衛的なカラーリングデザイン、最新規格の導入、オリジナルパーツ
、、、などなど、ビックリするほどにオーダーフレームの世界は進化しています。

残念ながらVIVALOは近年のオーダーフレーム界の中では前衛的ではありません。
凝った装飾もありません。最新規格の導入も遅れています。
決してさぼっている訳ではないんです。
知らない訳でもないんです。
言い訳でもないんです。

新しいモノを取り入れるという事は、思っている以上に大変な責任が伴うのです。
強度の事はもちろんですが、新しく取り入れるソレを安定供給する事ができるのか?
価格は合うのか?そもそもソレは必要なモノなのか?
色々な可能性を考え、吟味し、テストして、初めて導入することができます。

38年という歴史があるブランドだからこそ、大切にしていかないといけない事が
あります。簡単に踏み越えられない、踏み越えてはいけない壁があります。
何よりもVIVALOには38年分のお客様がいます。
38年分のVIVALOオーナー様がいます。

歴史というのは、人の歩みだと思っています。
VIVALOの歴史は38年間VIVALOというブランドの自転車を通じて出会うことの出来た
お客様一人一人との歩みだと思っています。
だからこそ、新しい事には慎重に大切に取り組んでいきたいと考えています。
今まで出会ったお客様、これから出会うお客様をがっかりさせない、むしろわくわく
させるような事じゃないとダメだと思っています。
VIVALOオーナー様一人一人に「VIVALOで良かった」と思ってもらえるようなモノ作り
をしなくてはいけません。

その為にVIVALOブランドとして、どこを目指すか??
VIVALOは高級なハイエンド自転車ブランドは目指しません。
奇をてらうモノ作りも致しません。
毎年モデルチェンジなんて事も致しません。

フルオーダーフレームという、聞くからに敷居が高そうなジャンルの自転車をより
ポピュラーに分かりやすく、普通に自転車選びの一択として加われるようになる事
を目指します。

当たり前にオーナー様が命を乗せて、真っすぐ走ることの出来るフレームを作り続けます。
他ブランドよりも遅くなるかもしれませんが、新しい技術にもチャレンジして、確実に堅実
に前へ前へと進んでいきます。

私たち自転車ブランドが乗せているのは、命である事、人生である事を決して忘れてはいけない。

これからもVIVALOをどうぞよろしくお願い申し上げます。

長々と読みづらい文章ですいません…
ありがとうございました!!

株式会社RE PRODUCTS PROJECT
VIVALO
代表 末瀬 嘉廣
vivalo-history

VIVALO STYLE 20

VIVALO ORDER ROAD FRAME
KAISEI 4130R
700C

VIVALOクロモリオーダーロードフレームです。
使用パイプはカイセイ4130R。
25Cのタイヤを想定したジオメトリーになっています。

雑誌掲載のお知らせ

エイ出版社さんから発売されているムック本「クロモリロードバイクの本」
にて、VIVALOをご紹介頂きました。
二人のライダーの方にVIVALO STYLE15でご紹介させて頂いた車体をインプ
レッションして頂いた結果も掲載されております!

車体の企画、設計、製作時にイメージしていた通りの感想を頂けました。
こちらが狙ったフィーリングが、ライダーに正確に伝わる…これは本当に嬉し
い事です。

是非、VIVALO、クロモリロードバイクにご興味のある方は書店にてお買い
求めください!!

VIVALO STYLE 19

VIVALO 650C LADIES’ ROAD FRAME
KAISEI 019

C-T480ミリのクロモリオーダーフレームですが、タイヤサイズを700Cでは
なく650Cを採用することによりヘッドチューブを長くとる事ができ、全体
的にバランスのとれた綺麗なフレーム仕上がっています。

ロゴ部分は通常、デカールを使用するのですが、このフレームはマスキング
をして塗装でロゴを仕上げました。ロゴカラーはフレームのイエローの部
と合わせて、同色に仕上げています。
単色であればデカールではなく、塗装でのロゴ入れが可能になりました。
カラーは無限に作る事が出来ますので、よりデザインの自由度が増します!

VIVALOクロモリオーダーフレームは、一人一人の体型や使用方法に合わせ
細かなオーダーにお答えする事が可能です。

<お問い合わせ先>
contact@vivalo.jp

VIVALO STYLE 18

VIVALO FILLET BRAZED AERO ROAD FRAME
KAISEI 8630R AERO MEGA TUBE
ENVE ROAD FORK

ジオメトリーや溶接方法も全て一新した新しいVIVALOです。
ジオメトリーは、速度維持、ハンドリング、トラクションに重点を置いています。
溶接部分のフィレット仕上げについては、従来の真鍮ロウを使用せず、銀ロウを
用いています。銀ロウの方が真鍮ロウよりも低温で溶けるため、パイプへの熱に
よるダメージや変形を最小限に押さえることが出来ます。本来パイプが持っている
特性や耐久性を最大限に生かす事ができます。

今回紹介させて頂いている完成車の重量は7.5キロです。
パーツアッセンブルによってはまだまだ軽量化も可能です。

VIVALO STYLE 17

VIVALO ORDER LADIES’ FRAME
KAISEI 4130R
700C

女性のお客様向けのクロモリオーダーフレームです。
身長155センチ前後のお客様にピッタリな設計になっております。
もちろんオーダーフレームですので、ジオメトリーはお客様一人一人に
合わせて細かく設定させて頂きます。
今回ご紹介させて頂いているフレームは700C用の設定になっていますが
650Cなど、他のホイールサイズでの製作も承っております。
身長や使用用途に応じて様々な提案が可能ですので、是非ご相談下さい。

<VIVALOクロモリオーダーフレーム価格>
・スタンダードロードフレーム ¥120,000〜(税別)
  1インチラグフレームです。フォークはベント、ストレートをお選び
  頂けます。特殊カラー、塗り分け、メッキ出し等は、それぞれアップ
  チャージを頂きます。カーボンフォーク仕様も承っております。

・ラグレスロードフレーム ¥150,000〜(税別)
  1インチラグレスフレームです。フォークはベント、ストレートをお
  選び頂けます。アップチャージにてカーボンフォーク仕様も承って
  おります。ラグフレームに比べ軽量に仕上げる事が出来ます。
  特殊カラー、塗り分け、メッキ出し等は、それぞれアップチャージ
  を頂きます。

・オーバーサイズロードフレーム ¥140,000〜(税別)
  オーバーサイズラグフレームです。フォークはベント、ストレートを
  お選び頂けます。特殊カラー、塗り分け、メッキ出し等は、それぞれ
  アップチャージを頂きます。カーボンフォーク使用も承っております。

・オーバーサイズラグレスロードフレーム(カーボンフォーク仕様)¥210,000〜(税別)
  オーバーサイズラグレスフレームです。フォークは標準でENVE2.0を
  採用しています。他のフォークをチョイスされる場合は、フォークに
  応じて、価格を調整致します。設計の都合上、オーダー時に使用する
  フォークを必ずご指定下さい。ワイヤーの内蔵、インテグラルヘッド
  への仕様変更も承っております。オーダーフレームですので、スロー
  ピング、ホリゾンタル、どちらでも製作可能です。

その他、シクロクロスフレーム、ツーリングフレーム、トラックフレーム
の製作も承っておりますので、どのような車種でも是非一度ご相談下さい。
参考画像はブログ記事のVIVALO STYLEシリーズをご参照下さい!

VIVALO STYLE 16

VIVALO ORDER ROAD FRAME
KAISEI 4130R

パイプにKAISEI4130Rを使用した、しなやかな乗り味のクロモリオーダーフレームです。
ヘッドラグやバック三角、フォーク足などはメッキ出してクラシックな雰囲気を演出。
VIVALOのフレームは標準で下地にメッキ加工を施しています。
お客様のお好みで、メッキ加工を施さない事も可能ですが、防錆の意味で下地のメッキ
加工はオススメしています。
今回ご紹介させて頂いているフレームのように、部分的にメッキを出す場合は、下地の
段階で磨き上げる行程が必要になりますので、別途追加料金を頂戴致しております。

一台一台お客様と打合せをさせて頂きながら、納得のいくモノを一緒に作っていくのが
VIVALOブランド、クロモリオーダーフレームのモットーです。

お客様と一緒にこれからも、守るべきところは守り、新しく取り入れるところはしっかり
取り入れながら、命を乗せて真っすぐ走ることの出来るフレームを製作いたします。

VIVALO STYLE 15

VIVALO NEW CONCEPT DEMO BIKE
オーバーサイズラグレスクロモリロードフレーム。
3年ぶりにデモ車として1台製作いたしました。
今までとは細かく仕様を見直しました。
新たに取り入れる事、守って行く事をバランス良く織り交ぜる
事ができたと思います。
<仕様>
チューブ:OS ECO-STL
フォーク:ENVEカーボンフォーク(オフセット43)
トップチューブ(C-C):540㎜
シートチューブ(C-T):540㎜
BB下がり:70㎜
チェーンステー:410㎜
シート角:73.5度
ヘッド角:73度
タイヤサイズ:700×25C

VIVALO STYLE14

VIVALO ORDER ROAD FRAME
KAISEI 4130R

VIVALOクロモリオーダーロードフレームです。
使用したクロモリパイプはKAISEI 4130R。
軽さとしなやかさが特徴のクロモリパイプです。
ジオメトリーはリアセンターを少し長めにとり、走行の安定と
マイルドな乗り味を重視しています。

VIVALO STYLE 13

今回ご紹介させて頂く、VIVALOクロモリオーダーロード
バイクは、小柄な女性のお客様のオーダーで製作させて頂
きました。
少しだけスローピングさせ、ヘッドチューブ長を確保して
メッキ出しをした上下のヘッドラグがくっついてしまわな
いように工夫させて頂きました。
クロモリオーダーフレームの自転車だからこそ出来るスタ
イルです。自分の身体や乗り方に合った自転車を是非!

Home

Search
Feeds

Return to page top